レンタルサーバーの災害対応

subpage01

レンタルサーバーは毎月の料金によってもその品質は千差万別であるといえますが、企業などが重要なデータを取り扱うための利用するのであれば、いざというときへの備えが万全な、品質のよいものを選ぶ必要があるといえます。

BIGLOBEニュースの情報を公開しています。

最近では大規模な地震などの自然災害が頻発していますが、こうした場合、レンタルサーバーも当然ながら被災してしまう可能性があることを考えなければなりません。



レンタルサーバーそのものが地震による揺れで物理的に破損してしまうという場合も考えられますが、どちらかといえば、災害によって広域的に停電が発生し、機能が維持できなくなってしまうことのほうが、確率的により考えられるところといえるでしょう。



こうした事態に備えるにはどうすればよいかですが、たとえばレンタルサーバーが置かれているデータセンターが堅牢なつくりであることデータを、随時バックアップしていて復旧が可能であること、非常用の電源装置などを保有しており一時的な電源喪失があっても自力で稼働させられること、などといった対策があります。レンタルサーバーの会社によって、またプランによって、こうした取り扱いがなされているかどうかは違いますが、しっかりとした対応が図られている会社であれば、そのことをインターネット上またはチラシなどの広告でアピールしているはずですので、まずはそうした解説を見て、十分に安心し、信頼ができるところと契約をするのがよいでしょう。