レンタルサーバーを他社に移す際の注意点

subpage01

アクセス数の急増やよりよいサービスのいいところを求めて、レンタルサーバーを他社に移すということがあります。

ドメイン取得情報を参考にしましょう。

ソフトのように簡単に移し替えることができるということはなく、色々と準備をしておくべきことがあります。
突発的に移転の準備をするのではなく、計画を立てて段階的に移転させていくことがこの場合には求められます。


一番避けたいのは、ホームページが閲覧できないという空白期間を生まないことです。これが発生してしまう可能性として、前のレンタルサーバーをその時点で解約してしまい、新しいレンタルサーバーが使えるようになるまでに空白期間が発生するというものです。
こうなってしまうと大変です。

そのため、移転をさせる場合はすぐに解約するのではなく、同時並行でレンタルサーバーを稼働させ、新しい方で稼働したのを見届けて、前のサーバーに接続する人を考慮し、ある程度の期間を経過してから解約するということが必要となります。



一連の作業が終わるまでだいたい1か月ほどかかることもあります。

移転の際にはバックアップをとっておくことや、今まで使っていたメールアドレスを新しいサーバーにおいても登録しておくことが大切です。


そうすることでデータが消えてしまうリスクやメールの受信漏れを防ぐことができるようになります。

AllAboutの最新情報を掲載しました。

移転における空白期間は今まで来てくれていたユーザーに対し、冷たさを与え、もう稼動していないのかと二度と来なくなる要因にもなってしまうので注意が必要です。


専門知識

subpage02

レンタルサーバーはウェブ環境を構築する際に、絶対的に必要となる要素のひとつです。サーバーの質が向上していくことで、スムーズにアクセスできる状況やマーケティングに関する情報を見極める状態が生まれるため、訪問者の意向がはっきりとします。...

NEXT

テクノロジーのコツ

subpage03

ホームページを作成して、インターネット上で公開するために必要なサーバースペースは、プロバイダなどが提供する無料のサーバーと自分でサービスを選んで借りる有料のレンタルサーバーがあります。このうち有料レンタルサーバーは無料のサーバーにはないメリットがいくつかあります。...

NEXT

1から学ぶ技術

subpage04

レンタルサーバーは毎月の料金によってもその品質は千差万別であるといえますが、企業などが重要なデータを取り扱うための利用するのであれば、いざというときへの備えが万全な、品質のよいものを選ぶ必要があるといえます。最近では大規模な地震などの自然災害が頻発していますが、こうした場合、レンタルサーバーも当然ながら被災してしまう可能性があることを考えなければなりません。...

NEXT

技術の情報まとめ

subpage04

人には誰しも、生活の基盤となる地域というものがあります。一時期は、こういったものを、しがらみととらえ敬遠する向きも多かったのですが、自然災害が頻発し、高齢化社会への不安が高まるにつれ、地域の繋がりが見直されるようになりました。...

NEXT